初心者のための投資用マンション入門ガイド

初心者のための投資用マンション入門ガイドHOME » 【女性向け】投資用マンション初心者コラム

【女性向け】投資用マンション初心者コラム

マンション

投資用マンションに挑戦してみたい!と思う女性は多いと思いますが、いざやってみようと思うといろいろな疑問が出てくることでしょう。

そこで、ここではそんな女性のために、「女性に投資用マンションがおすすめな理由」、「女性が投資用マンションで成功するために」、「女性投資家の投資用マンション体験談」の3つの項目を設けて、女性のための投資用マンションについて解説していきます。

女性に投資用マンションがオススメな理由とは

一人で生きる女性が増えているから

国立社会保障・人口問題研究所が行っている人口統計資料集を見てみましょう。

50歳未満で一度も結婚をしていない人、いわゆる一生独身で過ごす可能性が高い女性の数は、2010年時点だと10.6%ですが、2015年には14.9%まで増加しています。[注1]

また、一部のデータによれば、日本の離婚率は35.4%。

およそ3組に1組が離婚している計算です。

女性の社会進出が進んだことによって、女性は結婚をしなくても生活できるようになり、配偶者が嫌になれば離婚を選べるようになりました。

一人暮らしの女性が増えれば、当然自活するためのお金が必要になります。

[注1]国立社会保障・人口問題研究所:人口統計資料集

既婚・未婚を問わず女性も収入源を確保しておくべき

ただし、お金を得る手段が本業の仕事だけでは不足です。

女性の社会進出が進んでいるとはいえ、管理職の割合や平均的な給与額は男性に比べて低め。年金の支給額や支給年齢を考えると、年金だけで老後の生活を維持するのは現実的ではありません。

誰もが高収入を得ることができるわけではありませんし、本業の合間に副業をするには体力も時間も必要になります。

離婚率の高さや老後のことを考えると、既婚女性も未婚女性も、どうにかして仕事以外の収入を確保しておくことが大切なのです。

マンション投資は女性向き

その点、マンション投資は不労所得の中でも女性向きの投資手段。

人気の物件なら空室率も低いですし、仮に入居者が退去してもすぐに次の人が決まります。

良い物件さえ見つかれば、ローリスクでそこそこの収入を10年以上手に入れることができるのです。

投資に失敗しても不動産という資産が手元に残るため、一瞬で資産がなくなってしまう可能性のある株式投資やFXと比べるとリスクも抑えられています。

入居者が見つからなければ、売却しても良いし自分で住んでも良いからです。

さらに、面倒な管理業務は専門の管理会社に委託できます。

実務の大部分を任せてしまえば、忙しいキャリアウーマンも子育て中の女性でも関係なく家賃収入が入ってくるのです。

そして、優良物件選びには、女性ならではの目線やアイデアが役立ちます。

女性はセキュリティーの関係上、多少家賃が高くてもしっかりとした物件を選ぶ人が多いです。

自分にとって使いやすい物件を探せば、自然と女性にとって好まれる優良物件が見つかります。

女性の投資をサポートする融資制度がある

マンション投資をはじめるなら、物件を購入するための初期費用をどうやって用意するかを考えなければなりません。

女性の場合、日本政策金融公庫の女性起業支援資金融資を利用できます。

日本政策金融公庫は国の機関なので、銀行などの金融機関からお金を借りるよりも圧倒的に低金利。

返済期間も長く、初回の返済を最大2年待ってもらえるのも強みです。

家賃収入が落ち着いてから返済をはじめることができるため、融資を受けてすぐに返済に追われる心配はありません。

融資額も最大7,200万円なので、駅チカで好条件の投資用マンションであっても十分手が届くでしょう。

信頼できる不動産会社にサポートしてもらえば、投資経験のない女性でも成功できるからこそ、女性には投資用マンションがおすすめなのです。

女性が投資用マンションで成功するために

セミナー

女性が投資用マンションで成功するためにはどうすればいいのでしょうか?

全くの初心者が投資用マンションに挑戦するには、十分な専門知識を学ばなければいけません。

そのための方法としては、大きく分けてセミナー、スクール、書籍、資格の取得の4つの方法があります。

ここではそれらの方法について詳しく見ていきましょう。

セミナー

不動産投資について全く知らない女性にとって、プロから直接学ぶことができるセミナーは心強いものです。

まずは自分が投資を考えている物件を扱っている会社のセミナーを探してみましょう。

基礎知識を幅広く学べるセミナーがおすすめです。

スクール

投資用マンションについて学ぶなら、スクールに通うという方法もあります。

もちろん授業料はそれなりにかかりますが、DVDやテキストを用いて専門知識を体系的に学ぶことができるのは、初心者にとって大きなメリットだと言えるでしょう。

書籍

費用を抑えたいという場合には、書籍を購入して自分で勉強するという方法があります。

自分で学ぶというのは簡単なことではありませんが、4つの方法の中ではもっとも費用が抑えられますし、今なら関連書籍はたくさん出ているので有用な情報は十分手に入るでしょう。

資格の取得

女性が投資用マンションに挑戦する際には、資格取得も有効です。不動産投資に有効な資格は、「宅地建物取引士」、「ファイナンシャルプランナー技能検定2級」、「マンション管理士」、「不動産実務検定2級」、「不動産鑑定士」などがあります。

女性投資家の投資用マンション体験談

ここでは実際の女性投資家の体験談を取り上げてみました。

成功事例からも失敗事例からも学ぶことは多くあります。どうすれば成功できるか体験談を通して学びましょう。

成功事例

  • 中古マンションから都心の新築物件に切り替えてリスク分散ができ黒字に!
  • 退職後の資産形成および生命保険代わりに投資用マンションをスタート、月々1万円プラスの収入を確保!
  • 20年先を見据えて計画的な投資を開始、50代までには10戸所有が目標!

失敗事例

  • 手数料がない代わりに空室保証がなく、管理費用を抑えた代わりにマイナスが出てしまった……
  • ファミリータイプの物件を購入したものの、賃料相場がそれほど高くない上にリフォーム費用がかさんでしまう……
  • 安価な中古物件を購入したものの、退去までが短い、空室期間が長い上にさまざまなトラブルに……