HOME » 初心者によるマンション投資事例 » 成功事例

成功事例

このページでは、主婦やサラリーマンなど投資初心者がマンション投資で成功した事例とその要因を紹介します。

主婦がトライした分散投資でマンション投資に成功

最初に紹介するのは主婦による初めての不動産投資です。

「最初に購入したのは、価格を抑えたいこともあって東京23区内でも中古の区分マンションを選択しました。ローンは25年で組んだのですが、結果的にこの物件の収支は月々数千円の赤字になってしまいました。その後、考え方を変え、中古マンションではなく都心の新築物件を探し、ワンルームマンションを2戸買うことに。こちらはしっかり黒字化することができて、物件探しでサポートしていただいた担当の方には、とても感謝しています」

最初の中古マンションで多少のマイナスになったのは、物件固有の問題なのか特定はできませんが、新築ワンルームというより賃貸需要の高い物件を追加購入したことが成功要因となっています。さらに、複数の物件を所有することがリスク分散にもなり、一戸で多少の赤字が出てもトータルで収益がプラスになれば安心です。

将来に向けた資産形成でのマンション投資に成功

定年後の資産形成を見据えてマンション投資をした事例を紹介します。

「自分がリタイアした後、妻や子供たちに残せる資産を作るため、不動産投資をしてみようと思いました。団体信用生命保険が生命保険代わりになるのも決め手のひとつ。そして、24年ローンで1,500万円のマンションを購入しました。今のところ、ローン返済や各種経費を引いても月々1万円弱のプラスになっていて、早速次の物件探しを検討しているところです」

将来に向けた資産形成、家族のための生命保険的役割、そして物件オーナーとしての収益という3つの目的をしっかり実現できそうな堅実ぶりが伺えます。

20代サラリーマンが始めたマンション投資で成功

この事例は、20代サラリーマンが築浅の複数物件を所有するマンション投資となります。

「まだ20代ということもあり自己資金は少額でしたが、ローンを組んで23区内にある2つの築浅物件を購入しました。購入価格は1,500万円と1,900万円で、シミュレーションとしては、50代になるまでに10戸は所有していたいと思っています」

思いつきの投機ではなく、20年以上先を見据えた計画的な資産運用ということがわかり、物件選びも冷静な判断によるものと思われます。長期的視野に立った不動産投資の方が成功する確率も高くなるというものです。

こうした成功例を見てみると、まずは空室リスクが少なく収益が確保できる家賃設定の優良物件を選ぶことがポイント。また、資金計画は長期的視野に立ってシミュレーションすることが重要で、初心者なら的確なアドバイスをしてくれる不動産投資会社にサポートしてもらうと、物件探しや管理も含めて安心できると思います。

20代・30代の成功例 ワンルームマンション編

このページでは、20代~30代でワンルームマンション投資を成功した人のエピソードを紹介していきます。

30代・性別:男性
「アパートの経営をはじめたのは、知り合いから不動産投資の話を聞いて興味をもったのがきっかけでした。投資に選んだ物件は、デザインがよかった木造3階建てのアパート6戸。地下鉄桜通線の中村区役所駅から徒歩4分と名古屋の街なかにあるし、経営も順調なので、当初の目的であった不労所得をえられています。今後、来年度あたりに物件を増やそうと考えています」

30代・性別:男性
「これからの時代は国の年金制度も当てならないし、自分にあった資産運用が欠かせないと思って投資をはじめました。投資のなかでも不動産投資を選んだのは、専門知識がなくても物件選びさえしっかりすればリスクも低く、毎月安定した家賃収入がえられるから。実際、購入した物件は投資会社が徹底リサーチしたマンションで、安心して購入できました。ワンルーム3戸からはじまり、いまでは1LDK物件も3戸所有しています。」

30代・性別:男性
「建物のデザインがスタイリッシュで、いまどきの入居者ニーズにピッタリの物件を購入して運用しています。ワンルーム、1Kなら、不動産賃貸業が本業でなくても経営しやすいですいし、経済的にも購入・投資しやすい価格帯なのも魅力です。わたしの場合は、もともと所有していた物件を売却したので、その現金をより有効活用するために収益性の高い場所、物件に投資。それが成功しています」

30代・性別:男性
「居住地とは違う、遠隔地の物件に投資していますが、家賃保証制度などのサポート体制が充実していますので問題なく経営できています。優良な不動産投資会社なら吹っ掛けられることもなく、適正価格で購入できるため、土地勘がない場所でも安心でした。今後はもう1件、違う地方に物件を購入してみようかと検討しています」

30代・性別:男性
「いまの経済状況では給料の大幅な上昇は見込めず、なんとか自分で収入を増やせないかと考えました。いろいろと調べた結果、不動産投資がいちばん安定した収入をえられる方法だという結論に。わたしが投資したのは外観や内装にこだわった新築物件だったため、経営開始直後から満室です。これからも満室を維持できるかはオーナーの経営手腕にかかっているとは思いますが、頑張ってやっていきたいです」

20代・性別:男性
「20代なのでまだまだ先のことなのですが、将来の生活に備え、収入源として不動産投資をはじめました。わたしが購入したのは、都心部にも近いワンルーム6戸。建物のデザインもよかったし、不動産投資会社のサポートもしっかりしていたので選びました。ワンルームや1Kの不動産投資は、年金や保険に比べ、収入がえられる確実性は高いと思っています」

30代・性別:男性
「退職後を考えると、退職金や年金だけでは不十分。そこで、不動産投資をすることにしたのです。購入したのはデザインもいい物件なので、向こう20年は空室率も低いはず。ローンも家賃収入で返済できますし、ローンを完済したあとに土地だけでも残っていれば駐車場にしたり、売却したりもできます。物件選びさえ間違えなければ、自分のような投資素人でも十分、不動産投資はできていますので低リスクです」

30代・性別:男性
「当初は収入を増やすべく、投資信託や株をやっていました。しかし、わたしは一般の会社員なので、そうそう都合よく売買はできません。そこで、もう少し効率よく不労所得をえられないかと思い、不動産投資をはじめることにしたのです。はじめは自分で中古の築浅物件を探していたのですが、手ごろな物件がなく、不動産投資会社に相談しました。そこでデザインや内装に凝ったワンルーム・1Kの物件を紹介してもらい、これなら家賃下落や空室の心配もないと思い購入することに。実際、ワンルーム経営は手間もかからず、経済的にも自立できています」

30代・性別:男性
「夫婦共働きで、かつわりと安定した職業ではあるものの、いまのご時世、将来どうなるかわかりません。そこで時間的にも体力的にも無理なく運用できる、不動産投資をすることにしたのです。物件を観察したり、データを見比べたりしながら探した結果、自分たちでも購入できる1K・ワンルーム物件を見つけることができました。まだ不動産投資をはじめたばかりではありますが経営も順当で、2棟目の物件購入を早めにしたいと考えています。そのうち、両親との同居も考えているので、予定ではそのころには3棟目を購入している予定です」

30代・性別:男性
「必要最小限の労力で安定したリターンがえられることが、不動産投資をはじめたきっかけです。株式投資などは時間的にも無理だったし、仕事柄、全国各地に転勤・異動の可能性もあったので、遠隔地でも投資・運用できるという点も不動産投資の魅力でした。もちろん、物件購入や管理の知識、経験はありません。それでも不動産投資会社が物件探しから購入プランニング、管理までサポートしてくれたので、問題ありませんでした。自分が購入したのは1Kですが、本当に少ない資金・労力で収入がえられていて、不動産投資のメリットは大きいと感じています」

マンション投資で節税できた!40代・50代の成功例

ここでは、40代以上で投資成功をした人のエピソードを紹介していきます。

40代・男性のエピソード

自分は公務員をしています。安定した職業と思われていますが、本当のところは以前ほど収入が安定しているわけではないのが実情です。実際、自分の年収も漸減しているという状況。

退職したあとの年金もちゃんと満額支給されるかどうかも怪しい時代ですから、どうしても将来的な個人年金が必要だと考えていたのです。そこで目にとまったのが、マンション経営の話。不動産投資に興味があったわけではありませんでしたが、何よりも興味を引いたのが、その節税効果について。

税額はほぼ収入で確定してしまう公務員でも、マンションを所有することで発生する必要経費を計上できるということは、自分にとってはこれ以上ない節税効果をもたらしてくれるのです。

不動産投資・マンション経営に無知式でも、不動産投資会社のセミナーに参加すればわかりやすく解説してくれます。

自分もセミナーの個別相談で、マンション経営の利点や注意点などを丁寧におしえてもらったことで、不動産投資をやってみようと踏ん切りがつきました。

40代・男性のエピソード

わたしの場合、マンション投資はまったくのビギナーだったので、はじめは不動産投資会社の担当者に相談しました。担当の方は、「災害などの影響を受けにくい構造のマンションを選ぶのがコツ」と、物件選びのポイントをおしえてくれるので、専門的な知識がなくても安心です。

「ここがいいかな?」と、気になったマンションがあればそのエリアの断層なども調べてくれ、リスクの少ない物件かどうかまでもチェックしてくれます。

サブリース契約についても丁寧におしえてくれますし、物件の購入後も入居者に満足してもらえる工夫などをアドバイスしてくれるなど、いい不動産投資会社を見つければ本当に心配ありません。もちろん、節税効果についても期待したとおりです。

40代・男性のエピソード

節税効果を狙って、マンション投資をしています。わたしはマンションを購入するにあたっては、頭金を入れて物件を入手しました。融資額、つまり負債が少なくすんだため収支は比較的早くプラス収入に。そのため、確定申告での所得税の還付をはじめ、住民税の減額金がどのくらいになるのか、いまからとても楽しみにしています。

このままいくと、予定では節税効果がなくなるころには銀行からの借入も完済しているはずなので、あとは不労所得が入ってくるのみ。老後はどうやってすごそうかと、いろいろと考えを巡らせるだけでも楽しくなってきます。

その他口コミ

40代・男性
「親のすすめもあって、十数年前から不動産投資をしていました。今回はすでに所有していた物件と近いところの物件だったこともあり、購入し、運営の手を広げることに。間取りもいいですし、トラブルもありません。以前からの所有物件も家賃の大きな下落がなく、ちゃんとした管理会社にお願いすれば安心してマンション経営できます。不動産投資では、親切・丁寧に対応してくれる、信頼できる会社を選ぶことが重要だと思いますよ」

40代・男性
「はじめてのマンション投資でしたが、将来の個人年金として購入することにしました。不動産ローンよりレバレッジを活用できますし、不動産を運用することで社会情勢への視野が広くなって敏感になれるという側面もメリットです。購入にあたっては、立地・デザイン・設備や不動産投資会社の対応力・営業力などを重視。とくに、マンションの立地にはこだわりました。結果、満足のいく経営ができています。今後は1~2年後をめどに、頭金ができしだ2棟目の購入を検討しています」

40代・男性
「老後の資産形成と節税効果目的に、区分マンションを所有しています。わたしの場合、土地勘のあるエリアに限って物件を選定したため、デザイン性も高く、いい新築マンションを購入できたと思います。もちろん、不動産投資会社の担当の方の物件探しからキャッシュフロー作成をはじめとしたサポートも、欠かせない要素でした。中古でも利回りが低くなっている現状で、新築ながらもここまで優位な利回りの物件もそうそうないのではないでしょうか。おかげで、1年後にはもう1件、物件を増やす予定でいます」

40代・男性
「以前より、金(ゴールド)や株、投資信託などで資産運用をしていました。しかし、両親がアパート経営をしていたこともあり、不動産経営に興味があったことがマンション投資をはじめたきっかけです。将来的に、年金などの収入に依存するだけでは不十分ですし、経済的に自立するためにもマンション経営は最適だという考えもありました。手に入れた物件は土地勘のない都市のマンションでしたが、不動産投資会社のスタッフさんの対応もよく、納得のうえで購入。立地や設備も申し分なく、順調に経営できています」

40代・男性
「はじめは地元で投資対象の物件を探していました。しかし、不動産投資会社でいろいろと物件を見比べていると、利回りや設備面ですぐれた物件がほかの都市にあり、最終的には地元にこだわらずそのエリアのマンションを購入することに。投資は初心者なので不安だらけでしたが、資金面や管理・運営面のサポートもしっかりしている会社だったため、問題なく経営できています。年金も信用できない時代でから、自分で資産づくりできる安心感は何ものにも代えられません。今後、余裕が出てきたら2棟目の購入も同じ不動産投資会社にお願いしようと思っています」

50代・男性
「資産・資金を有効活用しようと思い、不動産投資をはじめることに。マンションを購入するにあたって、こだわったのは地元・名古屋であることと、立地とデザイン。名古屋なら入居者に困ることも少ないし、勝手知ったるまちなので相場観もあったからです。いまのところ、名駅にも近い中村区に6戸を所有していますが、いい物件情報があればこれからも投資物件を増やしていきたいと考えています」

50代・男性
「わたしの場合、すでにアパートを1棟経営していました。ですが、定年退職後の収入を考えると、さらに物件を増やしたほうがいいという判断から、今回あらたにマンションを購入することにしたのです。各社の物件を見て回ったなかで、とくにデザインと間取りの良かった物件にしました。その不動産投資会社はこの地域の賃貸需要を完璧に把握していたほか、入居者を確保のためのコンセプトを明確にもっていたことも、この物件を選んだ理由です。これから、収入が増えていくのが楽しみです」

50代・男性
「はじめは興味本位で、不動産投資会社に話を聞きにいっただけでした。しかし、そこで銀行からの融資のうけやすさ、借入期間の長さ、イニシャルコストの低さなどをわかりやすく解説してくれ、定年後の収入などを考えてもそのメリットの大きさにびっくり。実際に物件を見てみると、デザイン性も高く、入居率も期待できそうなことから、思い切ってマンション経営に踏み出したのです。はじめは不安だったものの、安定して家賃収入が入ってきますし、管理もしっかりしてもらえるので、購入してよかったと思っています」

50代・男性
「不動産投資の安定性にひかれて、運用をはじめました。1戸購入し、これがうまく運用できたこともあって、将来性の高い地域にもう1棟購入しようと思っています。できることなら、さらにもう1棟手を広げたいです」

50代・男性
「わたしが購入したのは、新築で建物のデザイン性が高く、人気の間取りの物件。そのため、利回りも高く運用できています。実績のある不動産投資会社がサポートしてくれたこともあり、銀行からの借入も問題なくできました」

初心者でも成功できる!おすすめの投資用マンション会社を探す>>