HOME » 初心者によるマンション投資事例 » 失敗事例

失敗事例

このページでは、物件選びやパートナー会社との契約などによって、投資初心者がマンション投資で失敗した事例とその要因を紹介します。

管理費用をケチったことでマンション投資に失敗

物件は優良ともいえるものでしたが、管理会社との契約内容が結果的に損失を生む要因となった事例です。

「購入した物件は最寄り駅から徒歩5分、築浅のワンルームということもあり、そうそう空室にはならないだろうと思って管理会社とは一般管理で契約しました。空室保証がない分手数料が割安で、集金業務はお任せできるといったサービスです。実際、入居希望者が見つからないというわけではないのですが、単身者向けということもあって退去までの期間が短く、結果的には家賃保証を付けるより多くのマイナスが出てしまいました」

物件選びは間違っていなかったものの、中長期的な収支計画をきちんと立てていたのか少々疑ってしまうような事例です。短期間でも、空室期間の頻度が高まるリスクを見込んでおけば、家賃保証を付けた管理契約での黒字化もできたのではないでしょうか。

ファミリータイプの物件購入でマンション投資に失敗

ワンルームより高い家賃収入を期待して、ファミリータイプのマンションを区分所有した事例を紹介します。

「購入価格は高くても、ファミリータイプなら家賃も高く設定できるし、長く住んでもらえると思ってマンション投資をスタートしました。ところが、購入価格はワンルームの2倍以上だったのに、賃料相場はそれほど高く設定できないという現実に直面。また、今後の運用でもリフォーム費用などがかさむため、当初の思惑は見事に外れてしまいました」

ファミリータイプが絶対ダメとは言いませんが、マンション投資の初心者なら、購入価格が比較的安価で入居者の需要も高いワンルームの方が、リスクを軽減できるのが事実。マンション投資の物件選びでは、プロのアドバイスを受けるなど、慎重さが不可欠です。

安価な物件を選んだためにマンション投資に失敗

初めてのマンション投資で、購入価格が数百万円の中古物件を選んだケース。

「不動産投資は初めてで、数千万円になる新築だと不安だったので、数百万円の安価な中古マンションでスタートしてみようと思ったのです。しかし、結果的にはこれが失敗で、入居者が決まっても短期間で退去したり、空室期間が1年近くになることもあり、滞納や夜逃げといったトラブルにも見舞われました。安い物件には優良な入居者が来ないという現実を知りました」

自分が住む部屋ではないからと、物件の初期費用をケチったことが結果的に失敗につながっています。普通に考えれば、新築マンションの高めの家賃をきちんと払える入居者は、収入が安定している人物と推測されるので、ヘタに安い物件を買うより中長期の収支で見ればプラスになる可能性が高くなるというわけです。

着実な家賃収入や、空室リスクを抑えられる物件選びをすることは言うまでもありませんが、不動産投資は計画段階で最低限、オーナーとして身に付けておくべき知識というものがあり、まずは各種セミナーなどで勉強することから始めましょう。そして収支計画にしろ、物件選びにしろ、実績豊富な専門家に相談することで、何がリスクになるのかを知ることもできます。

失敗しないために!リスクの少ない投資マンション会社の条件をチェック>>