HOME » 初心者によるマンション投資事例

初心者によるマンション投資事例

不動産投資の失敗例から学ぶ、運用の難しさ

不動産投資というのは、数ある投資商品の中でも比較的リスクの少ない商品ですが、多くの人が失敗しているのも現実です。その原因は、購入してから数年後に空室が発生してしまうからです。

物件のある地域にもよりますが、人口数より物件数の方が多くある傾向にあるので、住宅に対する需要が低くなっています。優良物件でないと空室率に悩まされることになります。

しかし、失敗するにはある特徴があるのです。

不動産投資に失敗する人の特徴

1.アパートがあるだけで自然と収入があると考える人

かなり基本的なことですが、入居者がいないと家賃収入も発生しません。アパートを購入して、何もしなくても部屋が満室になると容易に考えている人は失敗しやすいです。

空室が発生した時に赤字にならないようにどう対処するか、退去視野が出ないようにどんな対策をとるか、などを考える必要があります。

2.土地勘のないエリアの物件を購入する人

今ではインターネットがあれば全国どこでも、売り出されている物件を探すことができます。

しかし、土地勘のないエリアの物件を購入すると、周辺の環境や施設などを把握できません。周囲の物件の入居率ももちろん知りませんよね。

こうした土地勘のないエリアの物件を購入すると失敗する可能性が高くなります。

3.アパートの管理をおろそかにする

アパートの管理に費やするコストを少なくすると、利回りを高めることができます。

アパートの管理というのは、建物の清掃や入居者のクレーム対応などがあり、その業務は多岐にわたります。自分でこれらの業務をやるのは大変厳しいです。

入居者は、快適に過ごせる部屋でないと退去をしてしまうので、アパート管理を甘く見ると失敗してしまいます。

原因を知るためのマンション投資の成功と失敗事例

このカテゴリーでは、成功事例と失敗事例の両方をリサーチして、投資マンションの物件選びやパートナー会社選びのポイントを紹介しています。成功と失敗にはそれぞれ原因があり、それらに気づくことで失敗するリスクを減らすことができます。

成功事例

詳細ページでは以下の3つのケースを取り上げて、成功要因を分析してみました。

主婦がトライした分散投資でマンション投資に成功

東京23区内に2つの新築ワンルームマンションを購入、月々の収支を黒字化させることに成功しています。新築というプレミアム性があり、複数物件所有が分散投資というリスク管理にもなっています。

将来に向けた資産形成でのマンション投資に成功

定年後の資産形成目的で、団体信用生命保険を生命保険代わりとしているのもポイント。月々の収支がプラスとなり、次の物件探しを検討しています。

20代サラリーマンが始めたマンション投資で成功

少額の自己資金で2つのワンルームマンションを所有している事例です。築浅物件を選んで、20年以上先の将来を見据えた長期的な資産運用をしているのがポイントです。

◆マンション投資で成功した事例

失敗事例

詳細ページでは以下の3つのケースを取り上げて、成功要因を分析してみました。

管理費用をケチったことでマンション投資に失敗

賃貸管理代行サービスで、手数料が安いことから空室保証のないプランを選んだことにより、結果的に空室による損失を出してしまった事例です。

ファミリータイプの物件購入でマンション投資に失敗

より高い家賃収入を得ようと、ファミリータイプのマンションを購入。購入金額に対して家賃設定があまり高く設定できなかったことが失敗要因です。

安価な物件を選んだためにマンション投資に失敗

数百万円の安い中古マンションを購入、滞納や夜逃げといったトラブルも含めて安定した家賃収入が得られなかった事例です。

まだまだあります!勉強不足が招く失敗
不動産投資による失敗はまだまだ数多くあります。どれもが、不動産投資において起こる可能性のある失敗ばかりです。無理のあるローン計画、周辺施設に頼り過ぎた物件選び、などのケースがあります。

成功にしろ失敗にしろ、重要なことは物件選びと賃貸管理業務のサポートです。これは、投資マンション会社選びと密接な関係があることも憶えておいてください。

マンション投資を成功させるには、いくつかの条件があります。このサイトでは、成功するための条件をもとにマンション投資会社をピックアップして紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

◆マンション投資で失敗した事例

成功する条件から見る!おすすめのマンション投資会社はこちら>>