HOME » 超初心者のための投資Q&A » 利回りとは?

利回りとは?

このページでは、計算方法や種類による違いなど、投資判断の基準となる利回りについて知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

年間収益ではなく利回りで投資効率を比較する理由とは

利回りとは投資効率を表す指標で、投資金額と年間収益とで算出することができます。わかりやすい例をあげると、100万円を投資して1年で10万円の利益があった場合、利回りは10%となります。計算式にすると以下の通りです。

利回り=年間利益÷投資額×100

年間利益は、手数料など経費があれば、それをマイナスした金額となります。

不動産投資で物件を比較する場合、この利回りを計算するのがポイントで、単純な家賃収入額だけで比較しても収益性を可視化することはできません。投資額が1,000万円の物件で年間収益が80万円の物件なら、単純計算で利回りは8%。投資額が2,000万円の物件で年間収益が150万円の物件なら、単純計算で利回りは7.5%。家賃収入が150万円入る物件であっても、利回りで比較すると1,000万円の物件の方が高利回りの優良物件ということもあるわけです。

不動産投資における表面利回りと実質利回りの違いとは

利回りの違いがわかったところで、不動産投資を例にあげて種類の違いを説明していきます。不動産投資の指標としては、表面利回りと実質利回りの数値が使われるので、その違いも理解しておきましょう。

表面利回りとは

不動産運営に必要な経費などはひとまず置いておいて、家賃収入から算出する利回りを表面利回りといいます。物件を一棟買いする場合に、管理費や修繕積立金などが確定していない状態で投資効率を検討する際に利用します。

表面利回り=年間家賃収入÷不動産購入価格×100

実質利回りとは

賃貸管理にかかる経費を引いた、手取りの収入を元に算出するのが実質利回り。専門業者に委託する管理代行手数料や、管理費・修繕積立金などを勘案して計算することになります。

実質利回り=(年間家賃収入-年間経費)÷不動産購入価格×100

このように、利回りに関する基礎知識があれば、投資商品を選ぶ際にも数値で比較検討することができます。

不動産投資と株式投資を比較し、利回りやリスクなどのメリット・デメリットを紹介しているページもありますので、ぜひ参考にしてください。

利回りが良いのはどっち?不動産投資と株式投資を比較>>