HOME » 超初心者のための投資Q&A » 投資にかかる税金とは?

投資にかかる税金とは?

このページでは、株式や不動産など投資方法によって異なる税金と、投資に関連する節税効果で知っておきたいポイントを整理してみました。

利益を得たら税金がかかる、投資の税金に関する基礎知識

投資で得た利益にも税金がかかることがあります。ここではまず、税金の種類について解説します。

源泉分離課税

金融機関の特定口座で株式や投資信託などを行った場合、税金が徴収された金額が支払われます。

申告分離課税

サラリーマンなど、本業とは別に投資で得た利益がある場合、申告して税金を支払います。給与所得者は、年収2,000万円以下で年間の投資利益が20万円以下なら確定申告は不要です。

総合課税

投資による利益が多い場合、他の所得も合わせてトータルで税率を計算する方法。場合によっては税率が上がってしまうこともあります。

このように、投資によって大きな利益を得られるようになると、国民の義務としてきちんと納税する必要があるわけです。

これだけは知っておきたい投資の税率や節税効果

一般的な金融商品にかかる税金は、売却益にしろ配当金にしろ、20%の税金がかかると認識しておいてください。また、現在は東日本大震災に対する復興特別所得税として2.1%追加されます。

株式や投資信託、FXなどは、取引で使った口座単位で集計して、合算した損益が課税対象となります。証券会社などでは、株式や投資信託、公債などの商品と、FXや先物取引などデリバティブと呼ばれる商品はグループが分かれていて、グループをまたいだ通算はできません。損失が出た場合は、最長3年間にわたって利益と通算することができます。節税という意味では、損をした年でも翌年以降意味を持つこともあるといえます。

年間100万円を上限として非課税となる、NISAという言葉を聞いたことはないでしょうか?これは、専用口座を開設して株式売却益などを最長5年間非課税にできる制度なので、初めて株式にトライする場合は注目しておきたいところ。

一方、こうした金融商品と不動産投資の税金は少々異なります。不動産経営で得た所得は不動産所得として課税されますが、サラリーマンなどの場合は給与と合わせて総合課税となります。利益が大きければ税率が上がることもありますが、万が一不動産投資で損失が出た場合、給与の所得税や住民税が安くなるという、ある種節税効果がリスクヘッジにもなるわけです。

また、不動産投資は相続対策としての優位性があります。相続税評価額は、購入価格よりかなり安価に査定されますし、区分マンションを複数所有していれば、相続の分割や納税にも利用できるのがメリットです。

このように、税金面から投資を考えると、株式投資など一般的な金融商品と現物資産である不動産投資とでは明確な違いがあります。

こちらのページでは、不動産投資と株式投資の比較や解説、メリット・デメリットの紹介をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

節税効果のある投資商品は?不動産投資と株式投資を比較しました>>