HOME » 超初心者のための投資Q&A » 投資のリスクとは?

投資のリスクとは?

このページでは、どんなリスクがあってどんなリターンが期待できるか、種類別に投資商品選びの疑問にお答えします。

種類別一覧表で比較する投資方法のリスクとは

投資にはある程度のリスクがあり、元本保証がないなど結果的に損をすることもありますが、ギャンブルと違ってイチかバチかで大金をつぎ込むものではありません。投資とは、本来長期的な資産運用の意味であって、ギャンブル性の高い短期的な資産運用は投機と考えてください。例を挙げると、株式やFXでチャートの動きを追ってデイトレードするような行為は、投機であって投資とは言わないのです。

では、投資にはどのようなリスクがあるのか、種類別に一覧表でまとめてみましょう。

投資方法 リスクやデメリット リターンやメリット
不動産投資 ●空室だと家賃収入が0になる
●家賃が下落することがある
●購入時にローンを使うと金利上昇することがある
●資産流動性は低い
●長期的な安定収入が期待できる
●本業の節税効果が見込める
●団体信用生命保険が生命保険代わりになる
株式投資 ●元本割れすることがある
●価値が0になるリスクがある
●経済動向を追わないと大損することがある
●ハイリターンが得られることがある
●配当金が期待できる
●株主優遇制度が利用できる
投資信託 ●元本割れすることがある
●手数料などのコストがかかる
●一定レベルの金融知識が必要
●長期運用でミドルリターンが期待できる
●運用は専門家に任せられる
●商品のバリエーションが多様
金投資 ●値動きが激しく大きく、下落することがある
●ドル相場との関係など、為替リスクがある
●利息がつかない
●インフレに強く、現物資産としての価値がある
●世界中で換金可能な流動性がある
FX ●為替リスクと変動リスクの両方がある
●投資額以上の損失を被ることがある
●レバレッジを利用すると大きなリターンを得られることがある
●外貨預金よりは手数料が安い

これらのうち、ミドルリターン・ミドルリスクといわれるのが不動産投資、投資信託、金投資。ハイリスク・ハイリターンといわれるのが株式投資やFX。投機ではなく、投資として初心者が始めるならミドルリスク・ミドルリターンの金融商品がおすすめです。

代表的な投資商品として、不動産投資と株式投資の特徴やメリット・デメリットを比較していますので、ぜひ参考にしてください。

リスクが少ないのは?投資商品を比較しました>>