HOME » 超初心者のための投資Q&A » そもそも資産運用ってなに?

そもそも資産運用ってなに?

知っておきたい資産運用のキホン

そもそも「資産運用」って何なのでしょうか。ここでは、資産運用とは何か、基本的な知識などを詳しくお教えします。

投資や資産形成とは意味合いが違う

資産運用を簡潔に説明すると、今手元にある資産を投資して、利回り(リターン)を得ることで効率的に資産を増やしていくことです。大まかな流れとしては、資産形成→投資→資産運用になります。そうすると、銀行への預金も低いリターンではありますが、資産運用と言えます。資産運用は、元本を保証するものから、ハイリスク、ハイリターンの商品まで幅広く手段があります。

資産運用で得られる利益について

資産運用で利益を上げる方法は、大きく分けて2つの種類があります。これはどのような資産運用でも、この2つの種類のどちらかに当てはまります。

・インカムゲイン

資産を保有している間得られる利益のことです。代表的なものは預貯金の利子、不動産の家賃収入、株式の配当金などが挙げられます。資産を持っているだけで発生する収入なので、不労所得とも呼ばれています。リスクが少ない分、利益も低めです。

・キャピタルゲイン

資産の売買によって得られる利益のことで、売却した時に生じる差額金を、利益として受け取る方法です。キャピタルゲインの代表的なものは、株式や不動産の売却益です。リスクは高めですが、得られる利益も高いです。

資産運用の種類

資産運用にはいくつもの種類があります。資産運用についての知識や基本的なことが曖昧だと、大きなリスクを背負う可能性が高くなります。ここでは資産運用の種類とメリット・デメリットについて紹介していくので、しっかりと知識をつけて自分の資産運用に役立てましょう。

ローリスク・ローリターンの商品

・銀行預金

銀行預金は元本が保証されるので大きなリスクがありません。利回りが少ないので資産を増やすまでには至らないので、しっかり資産を増やしたい人は物足りなさを感じるかもしれません。

ミドルリスク・ミドルリターンの商品

・不動産投資

保有している不動産を第三者に貸し出して、家賃収入を得る方法です。借り手さえ見つかれば、安定した不労所得を得ることが可能ですが、逆に借り手がいなければマイナスとなります。

・外貨預金

外貨預金とは、日本ではなく外国の通貨で預金をすることです。外国と日本の金利は違い、円よりも金利が高い傾向があります。そうすると、自然と金利が高い方が得られる利息は多くなります。

しかし、為替の変動で通貨自体の価値が下がると大きな損失が発生してしまいます。資産を増やすことができる分、損失のリスクも大きいです。

ハイリスク・ハイリターンの商品

・FX

FXとは、外国通貨を売買することにより利益を出すことを言います。例えば日本円からドルへ両替してしばらくしてから、両替したドルを日本円に変えて、各国の通貨を両替していくことで利益が得られるように目指します。

 

・メリット

FXは小額からの投資が可能で、1万円~20万円程度の小額からでも取引をすることが可能です。少額の資金から始められる資産運用方法のため、投資初心者にとって登竜門的な存在といえるでしょう。

また、世界中の通貨をターゲットにするので、24時間取引が可能です。インターネットの接続環境であれば自分の好きな時間帯に、取引をすることができます。また手法によっては、低資金かつ短期間で資産を増やせるのも魅力の一つです。

 

・デメリット

FXは各国の通貨をターゲットに取引をするので、自分の持っている通貨が買った時より安くなれば、損失をすることになります。そのため購入時期を分散させるなどの対処をする必要があります。また、レバレッジによるリスクもあります。レバレッジとは、預け入れる資金(証拠金)の数倍~数十倍の金額の取引を可能にした仕組みです。そのため、証拠金と比較して利益も大きくなりやすいですが、証拠金以上に損失が多額になる可能性もあります。

あなたはどのタイプ?

・リスクヘッジは考えたい!慎重派

多少の時間こそかかっても、安全重視で初心者でもできる簡単な方法で資産を増やした。そんなあなたにはローリスク・ローリターンの「国債」や「投資信託」がおすすめです!

・時間をかけずに一気に結果を出したい!積極派

何十年後ではなく、今資産を増やしたい方。多少のリスクは気にしないので、大きなリターンが欲しいというあなたには、ハイリスク・ハイリターンのFXがおすすめです!

・利益は大きい方がいいけどリスクが怖い!バランス派

老後のためにしっかりと資産を増やしたいけど、リスクはなるべく低くしたい。そんなあなたにはミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資がおすすめです!

資産運用まとめ

資産運用のリスクなどをしっかりと理解した上で、自分に合った資産運用の方法を選ぶことが大切です。

資産運用方法によってはリターンの期待値と、損失のリスクが異なるため、知識を身に付けないまま、やみくもに始めるのは危険です。一人ひとりの資産運用に取り組むスタンスと、自分が描くゴールを明確にして資産運用を始めましょう。

資産運用は若いうちから始めておく

資産運用は、早いうちに始めた方がいいとよく聞きませんか?それはなぜなのでしょうか。ここではその理由をご紹介していきます。

収入があるうちに始めるのが安心

20代や30代で資産運用を始めると、長い時間をかけて資産運用に取り組めます。そのため、実践的な運用を通して、ノウハウや知識を身につけることができるのです。資産運用を長期的に行うと考えれば、これらの知識はお金では買えない価値があるでしょう。

また、早いうちに資産運用が安定すると、子供の進学などや住宅の購入といったイベントで、資金的に助けられる場面が多くなります。

富裕層の資産運用キャリアとは

資産運用で上級者がいると言われている富裕層は、10年以上資産運用をしている人が多いということが分かっています。

若い内から資産運用を始めるなら一獲千金ではなく、長期投資が向いていると言えます。ローリスク~ミドルリスクの資産運用を分散させて、長い目で見てじっくりと取り組むのがいいでしょう。

分散投資を長期で行なうと安心して利益がでる

なぜ、分散して投資をするのがいいのかと言うと、その理由はリスク回避にあります。

ハイリスクな資産運用に多額の資産を投資すると、場合によっては損失が大きくなり大変なことになります。長期投資のハイリスクの資産運用で、結果を出し続けることは難しいです。

そんなときに分散していると、試算が0になるのを防ぎ、結果的にいい成果に繋がることが多くあります。