HOME » 超初心者のための投資Q&A

超初心者のための投資Q&A

投資初心者が覚えておきたい不動産投資など投資の基礎知識

ここでは、商品選びやリスク・利回り・税金など、初心者が不動産投資や株式投資などを始める際に知っておきたい基礎知識を解説しています。各ページでは、より詳しく解説していますので、参考にしていただけたらと思います。

どの投資商品がいいの?

不動産投資は近年、初心者向けセミナーが盛況だったり、超低金利ローンで物件購入がしやすくなっているといった社会背景もあり、専業主婦や普通のサラリーマンが複数物件を所有して、しっかり家賃収入を得ているというケースも耳にします。一方、株式投資はネット証券やNISAなどの浸透もあり、多くの人にとって手軽な投資というイメージが醸成されてきています。初心者にとっては2つの投資商品を比較することで、よりその違いが明確になり、自分に合った投資先が見つけやすくなると思います。

詳細ページでは、投資商品の中から一般にも身近な不動産投資と株式投資について、その仕組みの説明と、メリット・デメリットの比較表を掲載しています。投資初心者の場合、多くは会社員や専業主婦など、サイドビジネスとして投資を始めるもの。大きなリターンを得る方法を探るのではなく、できるだけ失敗しないためにはどういった投資をすべきかという視点で、2つの投資方法を検討してみましょう。

不動産投資と株式投資の比較を見る>>

投資のリスクとは?

一般的に、投資はリターンが大きいほどリスクも大きくなる傾向があります。一方、世の中は超低金利なので、元本保証をしてくれる金融商品ではほとんど資産が増えません。そこで、詳細ページでは不動産投資、株式投資、投資信託、金投資、FXの5つの投資方法について、リスクやリターンの関係を一覧表でまとめてみました。安易に大きなリターンを求めると、初心者にとっては大きすぎる投資リスクについて、きちんと認識を持っておきましょう。

また、老後の年金対策といった、将来不安への備えとして長期的な投資を検討する場合、リスクを小さくするという意味で分散投資という考え方も欠かせません。ひとつの投資先に資産を集中するのではなく、複数の投資方法を比較検討して、リスクを回避するためにバランスよく分散投資するということも考えておきたいポイントです。

投資のリスクについてもっと詳しく>>

利回りとは?

預貯金であれば、金利によっていくらのリターンが得られるか簡単に算出できますが、支出を伴う投資では利回りによって収益性を検討する必要があります。単純な年間収益ではなく、利回りのよい投資商品を選ぶのがポイント。そこで、詳細ページでは一般的な投資利回りの計算式から、不動産投資の2つの利回りの違いまで、投資先を検討する際に不可欠な指標の算出方法と見分け方を紹介しています。特に不動産投資の場合、マンションを購入するといった初期投資が高額になるイメージがありますが、金利も含めたローン返済を家賃収入との収支で算出することで、一般的なサラリーマンにもけして無理ではない資産運用であることが見えてくると思います。

利回りについてもっと詳しく>>

投資にかかる税金とは?

サラリーマンや主婦ならこれまであまり縁のなかった確定申告も、投資で一定以上の利益を得ると税金がかかるようになります。詳細ページでは、投資に関連する税金の種類の説明や、どのような点が節税になるかなどを紹介しています。中でも不動産投資は、所得税や住民税、相続税に関連して他の投資商品よりも優位性があり、特にサラリーマンのサイドビジネスとして、将来の家族に残す資産運用として、検討しておきたい点なども注目してください。

投資にかかる税金についてもっと詳しく>>