HOME » 初心者でも成功する投資マンション会社の条件 » 空室リスクが少ない

空室リスクが少ない

ここでは、賃貸経営でもっとも気になる空室リスクを減らす対策とは何か、マンション投資のパートナー選びのポイントと合わせて解説します。

できるだけ空室リスクを減らすためのマンション投資術

区分所有のマンションだと、その部屋に入居者がいなければ家賃収入は得られません。空室リスクをできるだけ抑えることが、マンション経営で成功するために欠かせない要点となります。それは、相場より家賃を安くするといった単純なことではなく、ビジネスとしてリスクになる要因を少なくするという視点が大切なのです。

都心のワンルームマンションなら需要が多い

これは不動産投資でよく言われることですが、学生・社会人を問わず都心には多くの単身者がおり、持ち家に住んでいるケースが少ないことから、賃貸物件のニーズが高いわけです。

駅チカや新築・築浅など付加価値がある

単に家賃が安い物件よりも、最寄り駅から徒歩10分以内の好立地だったり、新築や築浅などの付加価値がある物件に適正な家賃設定がされている方が、良質な入居者を見込めるのです。付加価値のない物件で家賃を安く設定すると、入居者は見つけやすくなりますが、入居者の収入に余裕がなければ短期での転居になったり、家賃滞納などのトラブルに至る可能性が高まるわけです。

空室リスクが少ない物件を提供できる投資マンション会社とは

優良物件を購入するためには、自分でも入念な物件選びをするのが基本ですが、実績豊富な投資マンション会社なら上で触れたような物件を多数取り扱っていて、物件の見極めでも適切なアドバイスをしてくれます。

さらに、空室リスクを減らす要因としては、賃貸管理業務を委託するパートナー会社のサービス対応にも着目する必要があります。例えば、敷金・礼金・仲介手数料無料で賃貸管理してくれる会社もあります。これによって、家賃を下げなくても、入居者にメリットを提供することができるわけです。

マンションオーナーとしては、自分にとってのメリットだけでなく、入居者にとってのメリットを提供することも空室リスクの低減になります。そのためには、賃貸管理も含めて依頼できる投資マンション会社を選ぶことが重要です。

優れた賃貸管理で空室リスクの少ない投資マンション会社はこちら>>