HOME » 初心者でも成功する投資マンション会社の条件 » 家賃収入がよい

家賃収入がよい

ここでは、高利回りを達成するために不可欠な家賃収入の良い物件とは何か、投資マンション会社選びのポイントと合わせて解説します。

初心者が失敗しないための家賃収入がよい投資マンションとは

マンション投資の初心者にとって最も重要なことのひとつが、家賃収入の良い物件を購入することです。ごく当たり前のことのように思うかもしれませんが、これは単純に家賃が高い物件という意味ではないのです。

不動産投資用のマンションとして見た場合、家賃が安定して入ってきて、相場の範囲で高めの家賃でも競争力があり、ランニングコストがあまりかからないといった条件が揃えば、結果的に家賃収入が良くなるわけです。これらを具体的な物件選びの条件に当てはめると、以下のようになります。

家賃が安定して入ってくる

入居者としての潜在顧客が豊富にいれば空室リスクも低くなります。その点では、東京23区内の単身者向けワンルームマンションがもっとも需要のある物件といえます。

相場の範囲で高めの家賃でも競争力がある

同じエリアでも、駅から徒歩10分以内、新築もしくは築浅物件、なおかつ最新設備が揃っていれば、相場の価格帯の中でも比較的高めの家賃設定が可能となります。特に、女性の単身者であれば、セキュリティが充実していてきれいなマンションなら、家賃設定の価値にも納得してくれますし、都心の優良マンションの家賃を払える入居者なら、収入が安定していることも十分考えられます。

ランニングコストがあまりかからない

これはファミリータイプとワンルームを比較すると容易に想像できます。ファミリータイプの方が家賃を高く設定できますが、中長期的にかかるランニングコストが安価になるのは圧倒的にワンルームです。物件の利回りを高めるためには、必要経費を抑えるという視点も重要です。

家賃収入が良い物件を提供できる投資マンション会社とは

上で触れたような、条件の揃った物件が簡単に見つかれば誰も苦労はしません。そこで頼りになるのが、投資マンション会社という存在です。投資マンション会社が取り扱っている物件は、収益物件に特化しているもの。都心の駅近物件を探すなら、まずはこうした専門会社に相談することが有効です。

加えて、収益性を高めるという意味では、物件そのものだけでなく、投資マンション会社によるサポート体制も大きく影響します。例えば、原状回復費や修繕費などを負担してくれたり、敷金・礼金・仲介手数料無料で賃貸管理を請け負ってくれるところもあるのです。こうした会社を賃貸経営のパートナーに選べば、オーナーと入居者両方にメリットが生まれ、家賃収入の収益性も高まることでしょう。

家賃収入が良いおすすめの投資マンション会社はこちら>>