HOME » 初心者でも成功する投資マンション会社の条件 » 家賃収入がよい

家賃収入がよい

ここでは、高利回りを達成するために不可欠な家賃収入の良い物件とは何か、投資マンション会社選びのポイントと合わせて解説します。

初心者が失敗しないための家賃収入がよい投資マンションとは

マンション投資の初心者にとって最も重要なことのひとつが、家賃収入の良い物件を購入することです。ごく当たり前のことのように思うかもしれませんが、これは単純に家賃が高い物件という意味ではないのです。

不動産投資用のマンションとして見た場合、家賃が安定して入ってきて、相場の範囲で高めの家賃でも競争力があり、ランニングコストがあまりかからないといった条件が揃えば、結果的に家賃収入が良くなるわけです。これらを具体的な物件選びの条件に当てはめると、以下のようになります。

家賃が安定して入ってくる

入居者としての潜在顧客が豊富にいれば空室リスクも低くなります。その点では、東京23区内の単身者向けワンルームマンションがもっとも需要のある物件といえます。

相場の範囲で高めの家賃でも競争力がある

同じエリアでも、駅から徒歩10分以内、新築もしくは築浅物件、なおかつ最新設備が揃っていれば、相場の価格帯の中でも比較的高めの家賃設定が可能となります。

特に、女性の単身者であれば、セキュリティが充実していてきれいなマンションなら、家賃設定の価値にも納得してくれますし、都心の優良マンションの家賃を払える入居者なら、収入が安定していることも十分考えられます。

ランニングコストがあまりかからない

これはファミリータイプとワンルームを比較すると容易に想像できます。ファミリータイプの方が家賃を高く設定できますが、中長期的にかかるランニングコストが安価になるのは圧倒的にワンルームです。物件の利回りを高めるためには、必要経費を抑えるという視点も重要です。

家賃収入がよい投資物件を選ぶ際のポイント

不動産投資において最も重要となるポイントが、良い投資物件をどう見つけるかということです。

良い投資物件の条件は「空き室になるリスクが少ない」ということと「高利回りが期待できる」という2つが軸となります。前者は、建物の設備が揃っており、管理やメンテナンスがしっかりとしており、利便性が高ければ空き室になる可能性は限りなく低くなります。

設備はトイレと風呂がそれぞれ別であり、間取りや広さも不自由なければ人気が高いです。また、キッチンの広さも人気に影響します。管理やメンテナンスに関しては、しっかりしていなければあっという間に経年劣化してしまう為非常に重要です。

そして、利便性が良ければ住居としてだけではなく事務所としても利用されるケースがあるのでより空き室になるリスクは減ります。

高利回りについて説明しましょう。

これは、物件そのものの価格だけではなく管理費や税金と言ったランニングコストも加味しなければなりません。しかし、不動産情報ではそういった情報が除外されている可能性が極めて高いため、高利回りかどうかは不動産業者と相談し、実際に確かめなければなりません。

表面上の数字だけではなく、ランニングコストもきっちりと確認しましょう。不動産管理会社もこの時に確認・相談しましょう。

これらの条件を満たしている不動産物件は、投資物件として非常に理想的な物件です。しかし、これら条件が揃っている物件は例外なく価格が高いため、初期費用が多くかかってしまいます。失敗しないためにも資産運用はきちんと計画しましょう。

物件情報の探し方

不動産投資は、知識も大事ですが、それ以上に情報量が大事です。不動産投資は投資物件の良し悪しで決まり、いくら知識があっても、知っている投資物件にまともな物件がなかった場合、せっかくの知識を活かすことができません。

知っている物件が何百、何千とあることで選択肢の幅は増え、より良い不動産投資が行なえるようになるのです。よって、情報収集は怠らないようにしましょう。

本格的に不動産投資をする場合、数千件以上もの不動産情報を確認するのは必須事項といって良いでしょう。より多くの利益を得るためには情報量を増やさねばならず、不動産投資だけで食べていくのであればさらに多くの不動産情報を知らなければなりません。

そんな投資物件の情報は、インターネットや競売情報、そして新聞広告などで知ることができます。中でも主流なのが、インターネットです。不動産情報サイトをこまめにチェックすることで様々な物件情報が得られます。

サイトによっては不動産情報が毎日送られてくるメールサービスもやっているので情報が収集しやすいのもポイントです。この時注意すべきことは、不動産情報サイトは一つだけではなく、複数のサイトを確認するようにしましょう。

サイトによって掲載されている情報とされていない情報があり、一つだけのサイトしか見ていないと見逃してしまう物件がたくさん生まれるからです。

競売情報に関しても、インターネットで見ることができるので色々なサイトを確認しましょう。

新聞広告などで紹介される不動産物件は、ごく稀に掘り出し物と呼ばれるような優良物件が紹介されることもあります。しかし、上記の情報に比べると優先度は低く、そういった優良物件が掲載されている確率は非常に稀です。それでも良い物件を探したいのであれば、しっかりと目を通しておきましょう。

賢いローン活用術

不動産のためのローンは不動産投資ローンで元手を作ることになります。不動産投資ローンは担保が必要であり、投資用のマンションなどの不動産が担保に当たります。つまり、投資物件から得た収入のうちの何割かがローンの支払に賄われるというわけです。

不動産投資ローンは融資を受けるメリットも多いですが、融資額が大きければ大きいほど堅実で安定した資産運用計画が求められます。不動産投資ローンを組むことで、購入資金を貯めるために何年も働いて貯金する必要がなく、少ない資金で高額の不動産物件を購入できます。

空き室の少ない人気不動産物件は大抵の場合高額なため、不動産投資ローンのお世話になることが多いです。

しかし、高額な物件にも関わらず空き室が続くと、当然のことながら収入は得られません。そして管理費のみがかさばり、利益どころか赤字になってしまいます。

そして、投資を諦め売却しても、ローンが残ってしまった場合は、そのローンを支払わなければなりません。最悪の場合、自己破産をしなければならないこともあり、様々なデメリットが生まれてしまいます。

そのため、返済シミュレーションや資産運用計画をキチンと行ない、ほぼ確実に返済できるプランを考えておきましょう。

逆に、きちんと考えておくことで返済までの期間は不安に苛まれることも少なく安心して不動産投資が行なえます。「大丈夫だろうか」なんて不安を持ち続ける毎日をおくらないように、事前にできることは全部やっておきましょう。

家賃収入が良い物件を提供できる投資マンション会社とは

上で触れたような、条件の揃った物件が簡単に見つかれば誰も苦労はしません。そこで頼りになるのが、投資マンション会社という存在です。投資マンション会社が取り扱っている物件は、収益物件に特化しているもの。都心の駅近物件を探すなら、まずはこうした専門会社に相談することが有効です。

加えて、収益性を高めるという意味では、物件そのものだけでなく、投資マンション会社によるサポート体制も大きく影響します。

例えば、原状回復費や修繕費などを負担してくれたり、敷金・礼金・仲介手数料無料で賃貸管理を請け負ってくれるところもあるのです。こうした会社を賃貸経営のパートナーに選べば、オーナーと入居者両方にメリットが生まれ、家賃収入の収益性も高まることでしょう。

家賃収入が良いおすすめの投資マンション会社はこちら>>