HOME » マンション投資に強い東京の不動産会社 » 日本財託

日本財託

このページでは、東京の中古ワンルームを得意とする不動産会社、日本財託の特徴やサポート体制、口コミ評判などを紹介します。

中古でも売主物件を取り扱う日本財託の投資マンションの特徴

日本財託が取り扱う投資マンションの主な特徴は以下の通りです。

東京の中古ワンルームに特化

日本財託の投資マンションは、東京の中古マンションに特化しているのが特徴です。特に築浅で家賃の安定した物件を得意としていて、高い利回りが期待できます。

売主物件だから仲介手数料がかからない

日本財託が取り扱う中古マンションは、同社の売主物件となるため、仲介手数料がかからない点がメリット。中古マンションだと仲介となるケースが多い中、これは購入資金に大きなが差が出るポイントです。

購入価格が手頃なバブル期物件も注目

1990~1992年あたりのバブル期物件についても、日本財託は投資マンションの狙い目としています。これは販売価格が800~1,200万円と手頃になっていて、高利回りが期待できるからです。

マンションオーナーに対する日本財託のサポート体制

日本財託の空室保証制度は、同社の物件購入後5年間で、査定賃料の下限80%保証、2ヶ月の免責期間となります。滞納保証は同一入居者に対して連続12ヶ月まで保証されます。

また、管理手数料は月額3,000円(税別)の固定制で、各種保証制度や入居者専用コールセンター業務など、幅広く対応してくれるので割安感があります。

マンション投資に関する日本財託の口コミ評判

ネットで見つけたマンション投資に関する日本財託の口コミ評判を、一部ピックアップしてみました。

「不動産投資には以前から興味があったのですが、数千万円の投資には不安を感じていたところ、日本財託の中古ワンルームマンション投資を知りました。家賃収入だけで投資物件を増やしていく方法は、とても参考になっています」

「日本財託から紹介された物件は最初から入居者がいて、着実に家賃収入を得ることができました。他の不動産会社に比べて、よい物件を紹介してもらえて感謝しています」

「セミナーに参加してから物件購入までは1ヶ月という短期間でした。これは、担当者が信頼できそうだと思ったからで、今では3戸の物件オーナーになっています」

日本財託の会社概要

  • 会社名/株式会社日本財託
  • 所在地/東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F
  • アクセス/地下鉄新線新宿駅より徒歩5分
  • 設立/1990年10月
  • 免許/国土交通大臣(1)第503号