HOME » 投資マンション選び 初心者におすすめなのはどっち? » 区分マンション VS 一棟マンション

区分マンション VS 一棟マンション

このページでは、どちらがリスクが少ないか、投資用不動産としての区分マンションと一棟マンションそれぞれの特徴やリスクについて解説します。

サラリーマンでも始めやすい区分マンションという不動産投資

不動産投資用のマンションは、自分で住むわけではないといえ、マンションを購入することには変わりないので、初心者におすすめしやすいのは区分マンションとなります。

よほど資産に余裕があるか、担保価値の大きな不動産でも所有していれば別ですが、自分の住まいとは別に不動産を購入しようという場合、自己資金にしろ融資を受けるにしろ、区分マンションを検討するのが現実的なところでしょう。

マンション投資のスタートとしては大都市のワンルームを買うというのが定番といわれるのも、物件価格がサラリーマンでも購入可能な価格帯で、それなりに入居者ニーズが高いからに他なりません。物件を売却する時でも区分所有の方が買い手は見つけやすいでしょう。

リスク分散という点でいえば、異なるマンションの区分所有をすることで、災害時の損失などを軽減できる可能性も高まります。

区分マンション投資のリスクとは

投資である以上、区分マンションにもリスクはあります。一棟マンションとの違いでいえば、区分マンションの場合は「空室=収入がゼロ」になるということ。また、大災害などで建物全体を失ってしまうと、区分所有者は土地の持分のみが残るという点にも注意しておいてください。

いつかは所有したい一棟マンションという不動産投資

普通の人だと、マンションまるごとを一括購入するのは不可能でしょうし、金融機関に融資を依頼するにしても億単位の金額になるので、投資物件としてハードルが高いのは事実です。それでも、マンション投資の経験を積んで資産運用に余裕ができたら、いつかは一棟マンションのオーナーになってみたいもの。

一棟買いすることのメリットは、共用部分などを気にせず自分の意志で修繕できる点や、家賃設定などを含めて一元管理できること。そして、10部屋以上のマンションを手に入れれば事業所得として税金面でも有利になります。

一棟マンション投資のリスクとは

一番のリスクは、投資金額が巨額になること。そして、建物の中には陽当たりが悪いなど不人気な部屋も含まれることは意識しておくべきで、常に空室ゼロにするのは難しいでしょう。また、地震や火災で建物全体を失ってしまった場合、土地は残りますが、そのマンションからの収入がすべてゼロになってしまうのは大きなダメージです。

以上のように、将来的に一棟マンションを購入するのは問題ありませんが、不動産投資初心者はまず区分マンションからスタートするのがリスクを抑える方法といえます。

このサイトでも、初心者に最適な区分マンションを取り扱うおすすめの投資マンション会社を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

初心者におすすめ!優良投資マンション会社をチェック>>