HOME » 投資マンション選び 初心者におすすめなのはどっち?

投資マンション選び 初心者におすすめなのはどっち?

不動産投資初心者が失敗しないための物件選びのポイント

ここでは、タイプや種類別に、不動産投資の初心者にはどんなマンションが向いているのかを紹介しています。詳細ページで取り上げているテーマは以下の4つ。それぞれの比較要素には一長一短があり、投資という点で絶対的な正解はありません。それでも、不動産投資の初心者にとっては、不確定要素なども含めたリスク要因が比較的少ない物件とは何かを考えるための材料になると思います。

区分マンション VS 一棟マンション

購入金額が大きく異なるのは確かですが、それ以外にもリスク面での違いなどを紹介しています。

区分マンション

  • 購入価格が安価
  • 異なる建物を所有していけばリスク分散になる
  • 空室時は収入がゼロになる
  • 建物を失うと土地の持分しか残らない

一棟マンション

  • 共用部分なども含めて一括管理できる
  • 建物を失っても土地が残る
  • 購入価格が高額で融資のハードルも高い
  • 全室で空室ゼロにするのは困難

ワンルームタイプ VS ファミリータイプ

一般的に収益物件ではワンルームが人気。その理由と、両者の入居者属性の違いなどをまとめてみました。

ワンルームタイプ

  • 入居者が見つかり安い
  • 比較的購入価格が安価になる
  • 賃料収入は比較的安価になる

ファミリータイプ

  • 購入価格はワンルームより高額になる
  • 賃料収入は比較的高く設定できる
  • 空室リスクが高めになる

新築 VS 中古

家賃の下落率や長期的な収支の見極めなど、新築と中古マンションを比較する際のポイントなどを紹介しています。

新築

  • 新築時はプレミアムの付く家賃設定が可能
  • ローン完済後も所有することで高収益が期待できる
  • 購入価格が高めになる

中古

  • 購入価格が安めになる
  • 入居実績などから現実的な収支計画が立てやすい
  • リフォームなど購入価格以外の費用がかさむことがある

都市 VS 地方

需要が多いのは圧倒的に都心ですが、地方都市でも不動産投資は十分可能。その違いなどを解説しています。

都市

  • 空室リスクが低い
  • 購入価格は高め
  • 競合が多いので利回りはやや低め

地方

  • 購入価格は安め
  • 空室リスクは高め
  • 高利回りになる可能性もあり

また、こうした条件設定を踏まえて物件探しをする際は以下のページで各種情報サイトの活用方法なども参考にしてみてください。