初心者のための投資用マンション入門ガイド

初心者のための投資用マンション入門ガイドHOME » 初心者におすすめのクラウドファンディングを使ったマンション投資 » TATERU fundingの特徴や募集事例

TATERU fundingの特徴や募集事例

CREAL
画像引用元:TATERU funding公式HP
https://www.tateru-funding.jp/

不動産投資クラウドファンディング「TATERU funding」の特徴やクラウドファンディング事例、サービスなどについてご紹介します。

TATERU fundingの特徴

TATERU fundingは、東証一部上場の株式会社TATERUが運営するクラウドファンディング。

3~4ヶ月という比較的短期間での運用をするものが多いため「クラウドファンディングとはいえ、いきなり長い期間の不動産投資をするのはためらってしまう」というクラウドファンディング初心者にも利用しやすいと言えます。

また、投資対象物件の出資金元本の評価額は、見せかけだけの数字で高く見せるようなことはせず、賃貸利益の金額を基準とするなど現実的な動向をしっかり考慮した上で計算するため、変動が少なく、比較的安定したものとなっている点も大きな特徴です。

クラウドファンディングの事例

TATERU fundingがこれまで実施してきたクラウドファンディング事例をいくつかご紹介します。

  • 案件名:キャピタル重視型 第47号TATERU APファンド
  • 予定利回り:4.5%
  • 募集金額:65,800,000円
  • 投資額:一口10,000円
  • 運用期間:3ヶ月
  • 案件名:キャピタル重視型 第46号TATERU APファンド
  • 予定利回り:4.5%
  • 募集金額:86,800,000円
  • 投資額:一口10,000円
  • 運用期間:4ヶ月
  • 案件名:キャピタル重視型 第45号TATERU APファンド
  • 予定利回り:4.5%
  • 募集金額:65,100,000円
  • 投資額:一口10,000円
  • 運用期間:4ヶ月

サービス詳細

TATERU fundingのクラウドファンディングサービスは、「お客様を優先出資者とし、TATERUは劣後出資者となって、お客様の元本の安全性を可能な限り高めている」というのが大きな特徴。

優先出資者となるお客は、利益について優先分配を受けられるだけでなく、「もし運用物件の評価額が下落しても、その下落分は劣後出資者であるTATERUが、その出資額全額まではカバーする」というスタイルです。

TATERUは劣後出資者として30%の出資をしているケースが多く、この場合、運用物件の評価額が30%の範囲内で下落しても、優先出資者であるお客の出資元本は守られます。完全な元本保証ではないものの、安心感はかなり高いと言えますね。

会社情報

  • 会社名/株式会社TATERU
  • 所在地/東京都渋谷区神宮前1-5-8-21F
  • アクセス/JR原宿駅より徒歩5分・東京メトロ明治神宮前駅より徒歩5分
  • 設立/2006年1月23日
  • 免許/不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第100号 他