初心者のための投資用マンション入門ガイド

初心者のための投資用マンション入門ガイドHOME » 初心者におすすめのクラウドファンディングを使ったマンション投資 » FANTAS fundingの特徴や募集事例

FANTAS fundingの特徴や募集事例


画像引用元:FANTAS funding公式HP
https://www.fantas-funding.com/

不動産投資クラウドファンディング「FANTAS funding」の特徴やクラウドファンディング事例、サービスなどについてご紹介します。

FANTAS fundingの特徴

FANTAS fundingはFANTAS technologyが運営するクラウドファンディング。

1口1万円からの不動産投資がオンライン上ででき、賃貸または売却による不動産運用収益に基づいて配当金の分配を受けられるという仕組みです。

運営会社のFANTAS technologyは、低価値の空き家を価値ある投資用不動産として再生する「FANTAS repro」事業を展開してきました。

FANTAS fundingはその空き家再生事業のノウハウを生かし「投資用不動産として再生した空き家をファンド化する」というスタイルをとっているため、FANTAS fundingに参加することは「不動産投資をしながら空き家対策という社会貢献にもつながる」という側面を持っているのです。

クラウドファンディングの事例

2019年1月13日現在、FANTAS fundingの公式HPで紹介されているクラウドファンディングはすべて募集終了または運用中となっており、現在募集中の案件はありませんが、参考までにクラウドファンディング事例を少しご紹介します。

  • 案件名:FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第10号
  • 予定利回り:8.0 %
  • 募集金額:20,640,000円
  • 投資額:一口10,000円
  • 運用期間:105日
  • 案件名:FANTAS repro(空き家再生) PJ 第4号
  • 予定利回り:10.0 %
  • 募集金額:5,440,000円
  • 投資額:一口10,000円
  • 運用期間:228日

サービス詳細

FANTAS fundingのクラウドファンディングは、FANTAS fundingがプロジェクト全体の20%分劣後出資金として出資し、投資家を優先出資者とするシステムを取っています。

もし物件の価格下落が生じたとしても、その下落幅が20%までの範囲であればFANTAS fundingが出資分でカバーし、投資家の元本は守られるという仕組みです。

こうした工夫をすることで投資家に対する最大限の安全性を確保することにより、投資家に安心感を持ってもらえるよう工夫しています。

会社情報

  • 会社名/FANTAS technology 株式会社
  • 所在地/東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F
  • アクセス/JR恵比寿駅より徒歩1分
  • 設立/2010年2月
  • 免許/不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第103号